故障車が出た時の流れ

車で移動している道中で、急な故障によって、車が動かなくなってしまったら、まずはどのようにすればいいのか覚えておきましょう。まず、故障車を路肩へ移動させるようにしましょう。道の真ん中で車を止めてそのままにしてしまうと、後続車から追突される危険性もありますし、長時間を止めておくのは、非常に周りの方にも迷惑をかけてしまいます。もし、路肩へ止められそうにない場合は、停車をするために三角表示板を立てて、自分でも後続車を誘導するようにしましょう。

そして、その間に、まずはレッカーの手配をしなければなりません。レッカーの手配には、会員になっている企業がある場合には、その会社に連絡するのが一番いいでしょう。会員になっていない会社へ依頼してしまうと、いきなり結構な金額がかかってしまうかもしれません。また、ロードサービスに加入している場合には、保険会社へいち早く連絡するようにしてください。保険会社から、レッカーの手配をしてもらう形になるため、少々タイムラグがかかってしまうかもしれないからです。

また、レッカーが到着するまでは、しっかりと後続車の誘導を続けてください。特に夜になってしまうと、視界も悪くなってしまうため、二次被害などが発生する場合もあります。どうしても立ち往生してしまうようでしたら、警察を呼ぶことも必要になりますので、覚えておきましょう。